検索
  • コフンねこ

夢は「まちづくり大衆化」!?関西で“ヨリアイ”を運営する阪大生『黒川慎一朗』を徹底解剖―②過去編【阪大生に聞いてみた】

『阪大生に聞いてみた』―”お笑いじゃないオモロさ”を持つ個性的な阪大生に注目し、インタビュー形式でその「現在」「過去」「未来」を解き明かしていく変な企画。



第一弾は「まちづくりを大衆化する」という目標を掲げ、建築の勉強と並行して地方・地域と関わる活動を行っている工学部地球総合工学科建築コースの「黒川慎一朗くん」にインタビューしました。



◇黒川慎一朗

1998年香川県さぬき市生まれ。小学校は統廃合し、中学校は廃校になるなど地域の衰退を感じながら育つ。18年間生まれ育った香川を離れ大阪大学に入学。都市部に来て初めて地方の問題・魅力に気づき地域活性に興味を持つようになる。大学1年の11月に「地方創生×学生」をテーマとした”学生団体Reibre(リブレ)”を立ち上げ、町歩きイベントやまちづくり合宿などを行う。1年間で4つの地域関わりながら中高生・大学生・地元企業・お年寄りなど様々な人を対象に10個以上のイベントを企画実施した。地元香川では企業3社、県外進学した香川出身の学生12名を対象に「帰省×地域活性」をテーマに帰省費補助の事業につながるイベントを実施しラジオでも取り上げられた。現在は『ヨリアイ』という関西で地域に興味あるor関わっている学生が集える場を作り中。まちづくりを大衆化することが目標。



第一回はコチラ!

↓↓↓

夢は「まちづくり大衆化」!?関西で“ヨリアイ”を運営する阪大生『黒川慎一朗』を徹底解剖―①現在編【企画:阪大生に聞いてみた】




第2回では「過去編」と題し、主に地元香川での経験を探っていく。彼はいかにして“阪大生・黒川慎一朗”になったのか?受験生の参考にもなりそうな、その秘密に迫ります。



飽きっぽかった少年時代

―小学生の時の黒川くんはどんな子だったの?



黒川 「勉強はある程度小さいころからできてて、授業ではみんなが手上げないやつにだけチャレンジするみたいな感じやった。自分だけできることにこだわりがあるというか。」



―なんかませてる子どもって感じだね。



黒川 「いやいや全然。小学生のころなんかは全然真面目じゃなくて、集団登校には毎日遅刻してた。今はまあそんなに遅刻せんけど(笑)。」



―今日遅刻したじゃん……。



黒川 「いやまあまあまあ(笑)。それと、小学校高学年くらいから日常に飽きだして。」



―飽きるって……?



この続きは note でご確認ください!


↓↓↓

夢は「まちづくり大衆化」!?関西で“ヨリアイ”を運営する阪大生『黒川慎一朗』を徹底解剖―②過去編【阪大生に聞いてみた】

行ってほしい場所・食べてほしいモノ

支えてくれる仲間・お仕事の依頼

絶賛大募集中!

​☟

story.neko5@ourlocal-info.com

​©Our Local

  • White Facebook Icon