検索
  • コフンねこ

ローカル線は残すべき?地方の交通事情を語ってみた。

全国各地に「ローカル線」ってあるじゃないですか。



いわゆる田舎を走る鉄道路線です。大都市の鉄道ほど車両数も少なく利用者数も都会の満員電車ほど多くない。なにより1日の本数が少ない。



日本の田舎というものは圧倒的車社会であって、交通手段としての鉄道というのは以前ほど重要視されていない傾向があります。



じゃあどうなるか?独立採算性が取れないローカルの鉄道路線は廃止されるしかない。



近年で言えばJR西日本の三江線、JR東日本の岩泉線、JR北海道留萌本線の一部区間が廃止された。



北海道での鉄道の経営状況はかなり厳しく、今年さらに石勝線夕張支線が廃止……。



かくいうワタクシも東北の田舎出身。JR東日本でもトップ10に入るほどの赤字を叩き出しているローカル線が走っています。



そんな僕が、地元での鉄道利用状況や旅で数多くのローカル線を利用した経験を踏まえて



ローカル線に絡む地方の交通事情を語ってみたいと思います。


地方の交通事情①通勤通学の意外な混雑

一日でローカル線が最も混雑するとき、それは朝の通勤通学時間帯。



すごい混む。割と満員電車に近い状態。



そういった混雑に合わせて朝は多少運転本数が増えている。


JR東日本羽越線の時刻表。おおむね1時間に1本のローカル線だが、朝時間帯は運転本数が増加。

それでも始業開始時間というものは各企業各学校でほとんど同じだから、大体みんな選ぶ電車は同じになってしまいます。



しかし、単線区間が多く複数の列車を短い間隔で運転することが困難である以上、本数を増やしたところで本質的な解決にはならないのです。



こうした時間的・設備的な制約に伴う朝時間帯の特定の列車の混雑。


単線が主となるローカル線では、写真のような2本以上の線路を持つ行き違い可能駅の数が運行本数に影響を与える。

これを経験した学生が将来車での移動を選択するのもうなずけますよね。



しかし、一部地域においては事情が異なる。



例えば普通列車に加え特急列車が運転されている高知(土讃線)では、ほぼ同じ時間に特急と普通列車の両方を運転することで混雑緩和を図っているのです。


朝時間帯の特急「しまんと」。自由席には高校生の姿も目立つ。

お金を払えば混雑回避……しかも特急券代も意外と安価で、高校生も市内間の通学移動に特急列車を使ってる。



ただし高知も圧倒的車社会ではあるので、なんとも言い難いところはあるんだけど。


地方の交通事情②車社会と鉄道

実際、地方の人々は市内や近隣の市町村への近距離移動には基本的に鉄道よりも車を使います。



もっというと、交通弱者(子ども・学生・高齢者)にとっても目的地のすぐ前まで行けるバスのほうが便利。



最寄り駅から徒歩30分かかる病院への移動に鉄道のみを使う方がいるでしょうか?バス・タクシーを併せて使うか、バス・タクシーを単体で用いるかどちらかだよね。



(実はこのあたりの交通事情の問題が「救急車の不正利用」につながっているのかなーと。病院の目の前まで行ける公共交通機関がなかったら……。)



都市であれば話は別。鉄道の路線網が発達していてどこへ行くにも鉄道だけで事足りてしまう。



でも地方の人々にとって、車やタクシーが「行きたいときに行きたいところまで行ける」ツールで、バスは「時間制約はあるけれども概ね行きたいところまで自分で運転することなく行ける」ツール。


越美北線の一乗谷駅から歴史遺産・一乗谷朝倉氏遺跡の中心部までは徒歩約30分。バスは目の前まで行ってくれる。

それに対し「主に設備や採算性の面でどうしても時間的制約が存在してしまい、目的地の目の前まで行けるわけでもない」のが鉄道。



あなたがもし地方に住むとして、近距離移動にはどちらを使うでしょうか?



少なくとも近距離の移動には鉄道を選びにくいかなと。


地方の交通事情③鉄道が活用される場面とは?

ここまで、地方の鉄道が近距離移動に向かないということを示してきた。



上野から秋葉原までの短距離を山手線で移動する都心とは状況が違うってことだ。



じゃあいつ鉄道が使われるのか?



近距離ではない場面、つまり中~長距離移動じゃないかなと思います。


ローカル線を走る特急はまかぜ。大阪・神戸の大都市と山陰但馬地方の長距離移動に用いられる。

自分の住む街から大きな街(県庁所在地など)まで比較的距離がある場合、鉄道が割とメインの手段として選ばれがち。



この場合の利点は「速達性&自分で運転しなくていい」。



一般的に鉄道のほうが車よりも早く、疲れないで目的地に到達できるものと思ってよいでしょう。



特に都市間連絡の役割を担う新幹線への乗車にあたっては、車で新幹線の駅へ行くよりも最寄駅から鉄道を利用したほうが楽かと思われます。



鉄道は「ある地点」と「ある地点」を結ぶものであるというよりかは、「街」と「街」を結ぶもの。



車社会に生きる人であっても人も遠くの街へ行くのには意外と鉄道を使うものです。



で、降りた先で車やバスやタクシーを使うと。



しかし、地形や設備や停車駅の兼ね合いから街から街への移動であっても車のほうが鉄道よりも速いなんてことも結構あるんだよね。



車のほうが早くても鉄道のほうを選ぶ人だっている。でもあんまりに遅い場合は、、、



JRが抱える赤字ローカル線の多くは並行する道路を利用して車で行ったほうがかなり早い、いわば「車に大敗を喫している」路線なんです。


地方の交通事情④ローカル線の活用

車に大敗を喫している……僕の地元を走るローカル線・米坂線も実はそんなノロノロ運転を行う区間がある。


坂町駅で発車を待つ米坂線のディーゼルカー。今にも出発しそうだが、発車自体は3時間後くらい。

学生が通学で用いるあたりは結構速いんだけど、山間部はとんでもなく遅いし人なんて全然乗ってこない。



ただしそんな山間部にあって多くの人を集める区間もあるんですよ。



それが荒々しい岩々と凛々しい木々の並ぶ美しい峡谷「赤芝峡」



米坂線の車窓から眺めるのが最も美しいとあって、新緑の時期や紅葉の時期には「その区間だけ」みんな乗る。


米坂線内きっての名所・赤芝峡。この日もツアー客で満員状態。

ただし残念ながら観光バスでやってきたツアー客の皆さんは1駅または2駅程度で降りてしまうので、路線全体の収支を改善するほどではない。



一方でこうしたローカル線の絶景をうまく生かす取り組みとして「観光列車」を走らせている路線もあります。


山形新幹線(という名の実質ローカル線)を走る観光列車「とれいゆ」。足湯の設備が車内にある。

最近は観光列車がめちゃめちゃ増えているのであえて例は挙げませんが、絶景や沿線の観光を楽しむことに加えて「ローカル線に乗ること」自体を楽しませてくれる観光列車の存在は大きい。



「絶景のある1区間だけ」じゃなくて「観光列車で全区間」乗ってくれる場合が多くなるので、魅力アピールや収益の面でも観光列車の良いことってのはは多いのかなと。



難点は運行コスト。お金のかかる観光列車をお金のないローカル線に走らせるか?ってことです。


ローカル線は残すべきか?

現在多くのローカル線は都会のドル箱路線の利益に支えられ、運行されています。



独立採算性が取れていない状態……いつ廃止されてもおかしくない。



ここまで見てきた通り、地方においては中途半端なローカル線よりも車やバスのほうが便利な場面も多いのです。



ただ、バスでは裁ききれないほど多くの通勤通学客を運ぶ朝時間帯の列車、車ではしんどいと感じる長距離移動(これは高速バスなどで代替できそうではあるけれど)、加えて時間の正確さ安全性……。



冬の北海道や東北のローカル線は、車では通れそうにもないところを渋滞なしで通り抜けてくれる。


雪原を駆ける東北の鉄道路線(仙山線)。多少遅れはするが、雪の中でもたくましく走る。

仮に経営難でも、「運行していなければ困る!」という人が何百人単位で存在しているローカル路線に関しては当分残しておくべきだと僕は考えています。



一方で車にもスピードで負ける閑散とした山間部は廃止されてもしょうがないかな、と。困る人がいないなら廃止は免れないとも思ってます。



ただ、そういう路線のそういう区間の魅力を生かした観光列車というのも現在では多数走っているわけでして。もちろんすべての観光列車が上手くいっているわけじゃないけれど。



ありきたりな答えにはなりますが、ローカル線のうち無くなって困る区間は「残す」、困らない部分は「保留」または「廃止」でいいのではないか?というのがコフるねこの答えです



ただし、「残す」にせよ「保留」にせよ「廃止」にせよ、現代のニーズに合わせた抜本的な変化が地方の交通体系には求められていると言えるでしょう。



2019年3月からバスなど他の交通機関と一体のパターンダイヤが導入されるJR四国牟岐線のような感じで。



「地方の交通を守る」、そのための画期的な変革だと僕は思っています。

行ってほしい場所・食べてほしいモノ

支えてくれる仲間・お仕事の依頼

絶賛大募集中!

​☟

story.neko5@ourlocal-info.com

​©Our Local

  • White Facebook Icon