検索
  • コフンねこ

【小田原城】北条氏時代の「土塁」「堀切」がスゴすぎた件




小田原城と言えば……


©写真AC

ご覧の「天守閣」!



お城大好きライターのコフンねこです。神奈川県小田原市に来ています。



新幹線も止まる神奈川県西部随一の都市であり、



温泉地「箱根」への玄関口でもある小田原。




その発展の礎は「関東の雄」と呼ばれた戦国時代の武将・北条氏が築きました



天下を統一した豊臣秀吉とも互角に渡り合ったと言われる小田原・北条家ですが、その栄光の時代の遺構はそれほど多く残っているわけではないらしく……



今回は、小田原の街の背後に控える山(といっても開発が進んでいます)に分け入って、北条氏時代に鉄壁の守りを誇った「最強の小田原城」の名残を探してみました!




戦国時代最強!?の小田原城

初代・北条早雲が関東一円の支配の拠点として小田原を選んで以降、その中心はもちろん小田原城。



上杉謙信の猛攻にも耐え、豊臣秀吉率いる数十万の大軍をも苦戦させたほどその守りは堅かったといいます。すごい。



戦国時代最強との呼び声も高い……それもそのはず。



現在「小田原城」と言うと城址公園になっているエリアのみを想像しがちですが、



戦国時代・北条氏の小田原城は……



こんな感じ。実際はもっと広いらしいとな。街全体のみならず、街を囲む丘陵・山・海さえも全てお城だったんですね。広すぎ……



※現在見られる小田原城の天守閣は江戸時代の再現であって、北条氏の時代の小田原城の姿ではありません。




「八幡山古郭」を探る

小田原市街地の西側、徐々に山に入り始めたエリアは「八幡山古郭(はちまんやまこかく)」と呼ばれる北条時代の小田原城の「もう一つの中心」でした。



現在の小田原城のエリアが「住む場所」であるのに対し、八幡山古郭はいわば「守りの要」



ここには今でも北条氏によって築かれた堅牢な防御設備が今でも残っています。



例えばコレ。



道路の脇にうず高く積まれた土。これは「土塁」です。侵入を防ぐとか、視界を悪くするとか、そんな意図があって造られた設備。



すごく高くて角度も急だから、確かに甲冑を着ていては超えられないだろうな。





そして、これもまた土塁です。



「さっきのヤツと比べて低くない……?」と一瞬思い、ちょっとよじ登ってみたその瞬間です。衝撃の光景が……!




落ちたら絶体絶命の「堀切」

「うわ~!?落ちるとこだった!!アブネーーー!!!」


「小峯御鐘ノ台大堀切東堀」が正式な名前です

マジで落ちたらヤバイ。地面を深く掘り窪め、なおかつその土を両脇に高く盛った防御設備……コイツは「堀切」と言います。



僕の背丈と比べてみてもご覧の通り。



深い……!深すぎる………!!



一度底に落ちてしまえば急斜面ゆえに登ることは難しく、だからと言ってあきらめてしまうと簡単に上から攻撃されてしまうわけですよ。



世の中にはこれより堅牢なお城もあるらしいので一概には言えませんが、僕の中での「ハマったら死にそうな罠ランキング」の1位は小田原城の堀切です。深すぎるんだもん。



ちなみに2位は「するする飲めちゃう日本酒」です。アレは罠だ。




そこそこ遠いので注意!

こうした北条時代の遺構は現在の小田原城の復元天守からはずいぶん離れています。


この「雑な太線」の端っこに「土塁」「堀切」が残ってます。

街の中心から遠いのにもかかわらず、こんなに堅い守りを用意しておくとは……北条氏の小田原城が戦国時代最強と言われるのも納得です。ていうか強すぎ。



敵の軍勢も「これじゃあいつまでたっても本丸にたどり着けないよ~(´;ω;`)ウッ…」とか思ってそうだなぁ。




今回の取材だけで駅から5kmは歩きました。坂も傾斜がキツイのでなかなかアクセスは大変ですが、一見の価値アリ(本数は多くないながら、バスも走ってます)。


小田原と言えば押寿し。お酒に合うのでこれも罠。

是非みなさんにも北条氏の時代の名残を訪ねていただき、その守りの強さを体感していただけたら……くれぐれも土塁や堀切の斜面を転げ落ちたりしないでくださいね。


(コフンねこ)

行ってほしい場所・食べてほしいモノ

支えてくれる仲間・お仕事の依頼

絶賛大募集中!

​☟

story.neko5@ourlocal-info.com

​©Our Local

  • White Facebook Icon