検索
  • コフンねこ

【コフンねこのコラム】もうすぐ、京都に桜が咲くらしい。

大学の入学式を終えると、引っ越しを手伝ってくれた家族はみな帰って行った。



期待と不安を残して。



僕は一人になってしまった。
















寂しい。




















近所の小さな公園に一本だけの桜の木の花を眺めることも、



城址公園のお堀に舞う桜吹雪も、



もう二度と、見ることはない。



例えどんなに「見たい」と思っても、である。


















仕方がないから、京都の桜で我慢することにした。

















今思えばなんたる傲慢な態度だと思うのだが、僕が初めて京都に足を踏み入れたときのモチベーションなんてそんなもんである。



















綺麗だった。




















桜は見る者を虜にしてしまう。



行く先々で出会う桜の色香に、シャッターを押す手が止まらない。



今思えば一種の錯乱状態だったのだろうか?



誰に見せるわけでもない写真を一心不乱に撮り続ける……。





















祖母の訃報を知ったのは、それから約1年後のことだった。
























生前茶道と俳句を嗜む風流な人であり、京都は憧れの地。



山形から移住したことのない祖母は、生涯に何度も京都を訪ねていたらしい。



その回数は、なんと現在大阪に住む僕よりも多いとのこと。



それほど「京都」に惚れていたんだと思う。










「せめて亡くなる前に京都の桜が見たい。」



祖母は口々にそう言っていたそうだ。













僕はここで思い出した。



誰に見せるわけでもないのに必死に撮っていたあの桜のことを。



なぜか無心に惹きつけられた、あの桜のことを。













お棺に向かって、という後悔の残る形。



しかしそれでも、美しい京都の桜を、祖母にも見せることができた。





















桜の写真を見せてから約1年、



再び京都の桜が咲こうとしている。






空の上から、京都の桜は見えるだろうか。

行ってほしい場所・食べてほしいモノ

支えてくれる仲間・お仕事の依頼

絶賛大募集中!

​☟

story.neko5@ourlocal-info.com

​©Our Local

  • White Facebook Icon