検索
  • コフンねこ

【新幹線より安い!】寝台特急サンライズ、大阪⇒東京最安1万円の旅




まだ日本にも寝台特急が走っていることをご存知でしょうか。



「そもそも寝台特急とは何だ?」と思われる方も多いんじゃないかな……



すごく簡単に言うと、夜、横になって寝ながら移動できる特急列車のこと。寝台とはつまりベッド。夜行バスと違って椅子じゃないってのがポイントです。



やっぱり夜行バスってしんどい時もあるじゃないですか。めっちゃ便利だけど、イスを倒すにも後ろの人に気を遣うし、揺れも気になる。そして完全に横になれるわけじゃない。



一昔前の日本では様々な方面へ寝台特急が走っていました。まるで現在の夜行バスのように。



語りだすと止まらないのでここでは言及を避けますが、いろんな事情があって今残っているのは寝台特急サンライズ瀬戸(東京⇔高松)同サンライズ出雲(東京⇔出雲市)のみです。


唯一の寝台特急は毎日走っている。神。

二つの”サンライズ”は岡山で連結・切り離しを行います。で、東京方面の上り列車のみ、僕の住む大阪に停車する……!




激安『ノビノビ座席』

基本は個室のみで構成されている寝台特急サンライズ瀬戸・出雲ですが、7両につき1両だけ(5号車と12号車)、『指定席扱いの雑魚寝スペース=ノビノビ座席』が用意されています。




これ、マジで激安。




寝台特急への乗車には基本的に運賃+特急料金+寝台料金がかかる。最もポピュラーなB寝台シングル個室の通常価格は大阪→東京で19220円です。かなりお高め。


B寝台シングル個室。鍵付きドアを備えた完全なる個室だ。

新幹線で大阪↔東京を移動すると指定席で14450円、グリーン車でも19230円です。



やっぱり寝台特急ってちょっと敷居が高い。激安の夜行バスに比べたらちょっと手が出にくいかな、と。



ところが雑魚寝のノビノビ座席は運賃8750円+特急指定席料金3430円=12180円。学生であれば運賃に学割が適応できるので、わずか運賃7000円+特急指定席料金3430円の計10340円!?



  • どの夜行バスよりも大阪を遅く出発(0:34)して、新幹線の始発より早く東京に着ける(7:08)。

  • 周りが少し気になるとはいえ、横になって睡眠可能



最高じゃない?


『ノビノビ座席』を使ってみた

てなわけで利用しました。



切符の購入は簡単です。大学の生協でも(切符が買えるところなら)買えちゃいます。



「〇月□日に東京に到着する寝台特急サンライズの△△(ノビノビ・ソロ・シングルなどの個室or座席タイプ)の切符お願いします!」と伝えるだけ。



12月1日、日付をまたいですぐの大阪駅。




しばらく待っていると…


7両+7両の14両編成でやってくる。大阪近辺では在来線最長の編成だ。

やってきました。寝台特急サンライズ瀬戸・出雲-東京行



これが最安、ノビノビ座席DA!



寝静まった時間には撮れないので、これは使用後。毛布はもう少し丁寧に畳まれているものと思ってほしい。

仕切りは頭部分のみ。貴重品の管理に注意。枕は備えていない。

通路に対してはカーテンで仕切りを設けることができる。通路を歩く際は静かに!

電源スイッチとアメニティのコップ。

先ほどのスイッチを押すと照明が点く。

こちらは読書灯。

カーテンを閉めると外からの光はほぼ入ってこない。

床は正直硬い。フローリングで寝てしまったときのあの感じ。



個室タイプのほうがそりゃ快適だけど、横になって寝られたら十分かと。


※ちなみに洗面台もシャワー(定員制。早めにシャワーカードの確保を!)もあります。



気づけばあっという間に東京着。


東京駅8番線。回送列車としてすぐに出ていくので、早めに降りる準備を。

あ、あと静岡や熱海や横浜にも停車します



特に、熱海で降りて普通電車に乗り換えてお隣の湯河原まで向かい、超有名ラーメン店の「飯田商店」さんの整理券1番をゲットする……ってのはラーメン好きの方なら一度はやりたい芸当かと。



いろんな場所での観光やビジネスに便利です。是非一度は寝台特急サンライズ瀬戸・出雲を利用してみてくださいね。

行ってほしい場所・食べてほしいモノ

支えてくれる仲間・お仕事の依頼

絶賛大募集中!

​☟

story.neko5@ourlocal-info.com

​©Our Local

  • White Facebook Icon